どのくらいで届くか気になるほど!?チューブは今がお買い得で安い時期!ダイエット

ただキドナの存在を知ったのが遅すぎただけで・・・。餌を殆ど食べなくなり腹水がたまり!多分ウィルス性の腹膜炎だろうと(採血ができる状態でないので不明)治療中です。全く食べないわけではないけど食べる量が明らかに少ないため!思い切って強制給餌を開始しました。

いまオススメの商品!

2017年01月13日 ランキング上位商品↑

チューブ ダイエット ポイント【★あす楽★】【猫用】【チューブダイエット<猫用キドナ>(20g×1包)Tube Diet Cat-KIDNA】【★レビュを書いて、次回もポイント2倍!★】森乳

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

なので!色々なものを混ぜてシリンジで与える事にしました。森乳の高栄養療法食のダイエットチューブではカケシアが有名ですが、このキドナは腎疾患の猫さん用にたんぱく質の制限などされており、代謝エネルギーは495kcal/100gとハイカロリーです。腎不全と診断されてから1年後に購入。使う分だけ作ればいいので缶に比べて保存は楽です。今はもう虹の橋に渡ってしまいましたが!確かにキドナをあげている時は調子も良かったのです。病院でもらった5mlのシリンジで与えています。パウダーですので、管理しやすいし月1袋ぐらいなら高いものではありません。高カロリーで腎不全の子や!老齢で弱っている子にも使えます。今は自力では何も食べなくなり皮下輸液はしていますが、色々これは食べるかと探っても当たりが出てない状況です。味は人間からすると不味いですが!(初めて購入した日に変なものはと思い自分でひとなめしました(  ̄▽ ̄))猫ちゃんにはどーなんでしょうか?そこだけ分からないですが!カロリーの取れない愛猫の身体の事を思うと本当に素晴らしい商品だと思います。購入される方は自分のうちの子に合うかどうかをバラで確認してから箱購入したほうがいいと思います。(よくて一日10g程度)が!体重は減りつつも!やはり与えると少しシャキッと元気になります。それまではずっと他の療法食を食べさせていました。さっと溶けるので作りやすいです。商品が届くまでホームセンターにあった!ハイカロリータイプを飲ませましたが!開封し冷蔵庫にいれると冷たくなるので!温めたり!冷やしすぎないよう新聞でくるんだり手間でしたが!粉末なので使いきりができるのでいいです。吐いてしまいます。18歳の高齢猫が固形物を食べてくれなくなりました。しっかりふき取ってあげてください。急性で入院し、静脈点滴で命の危機を脱して帰宅した時は食欲がなく、療養食どころか、今まで食べていたフードすら食べてくれずの状態でした。中身は粉末状で、水分を含むとすぐにドロっとした液体に。試行錯誤しながら少しずつ食べるようにはなってくれましたが、体重は維持できず、少しずつ落ちてゆく。 キドナよりハイカロリーのシリーズもある事を最近知りました。我が家は毛の長い猫なので!キドナが毛につきすぐに拭き取らないと固まってしまう所が私からしたら残念です。老猫で片方の腎臓が腫瘍化!もう片方も大分衰えていて!今は人間が食べるものでも何でもいいから食べる物をあげて下さい…と言われていますが!健康でいてもらおうとキャットフードしかあげてなかったので何が好きなんだか。とても早い配送助かります。同居猫がぽっちゃり体型なのに食べてしまうので、与え方に工夫が必要ですが、今後も続けてみようと思います。おやつに混ぜてあげていました。17歳になる慢性腎不全のにゃんこの為に購入しました。ぬるま湯で溶く粉ミルク状。ご参考までに。バラ売りしてくれていたおかげで試すことができたので助かりました。でも飲んでくれるといいな。脳の発作で後ろ足に力が入らなくなってフラフラしてたのに、強制給餌始めたらベットに飛び上がったり上下運動ができるまでに回復してすごくうれしいです。パウダー状なので必要な分だけ溶いて使用できるのが良いです。こぼれるとぺたぺたになるので、飲ませた後はぬらしたタオルで拭いてあげる事が大切です。因みにウチの子はリーナルケアは断固拒否でした。2014年に亡くしてしまった子の時には!諸事情により飲ませる事ができずペースト状にして舐めさせていましたが!かなりぺとぺとになるので口内環境も悪化させてしまいましたので!あまりお勧めできません。無理に飲ませるのは可哀想だとか歳だからとあきらめないで!飲ませて試してよかったです。それにしても高い。しかもすぐに飽きて次に食べれる物を探すのに苦労している状態。今回は緊急で必要となりメール便で数個注文しました。増やしたといっても!月1袋です。療法食、点滴1日おき、カリナール1,2で頑張って来ましたが、ここに来てとうとう3キロを切ってしまい途方にくれていました。無理矢理にでも食べさせている時はまだ意識もしっかりし、毛艶もよく、自分で歩いていました。結果!お湯で溶いてものは全く受け入れず!強制給餌するような段階ではないので!ドライフードに振りかけてみたら量が多いとダメですが!量次第ではあまり気にせず食べてくれました。食事をしなくなった15才の猫に購入しました。体調がよくなると!食べる量も増え!好みも緩やかになり!飽きるスパンも長くなります。うちの子はキドナを1:1で割ったものは駄目でした。ちなみに動物病院勤務の友人から、生卵の黄身(生の白身は絶対にあげてはダメ)を少量のミルクで溶いたものが栄養価が高いので1日1個飲ませるといいと聞きました。ペースト状に溶解してと書いていましたが、自分で食べなかったので、スポイドであげられるくらいの少しサラサラな状態まで薄めて飲ませました。ただ、味とテクスチャ(サラサラのようで口の中でねっとりする模様)があまり好みでないらしく、かなり嫌がります。腎不全の飼い猫が、嘔吐→食欲ゼロとなったので、強制給餌のために購入。少量でカロリー摂取できるのでお互いに負担が少ないのも助かります。[] カロリーエース、リーナルケアがダメで(えずいて全力拒否)、今のところこれが一番飲ませられます。なので!今回も購入しても強制給餌はせず!自分で飲まないならば無理には飲ませずなりゆきに任せようと思っています。体重も維持した状態で!これはいけるかも!と思いました。腎臓腫瘍からの転移と思われる脳腫瘍で脳神経の発作が起こり突然危篤状態に陥り、一時は死を覚悟しましたがステロイド薬により意識を取り戻し一命は取り留めました。体重をこれ以上減らさないようにと、ネットで猫用キドナの存在を知り、高カロリーの療法食であるキドナを食べさせることにしました。自力で飲んでくれたら一番ですが、先月末に亡くなった子の時にはシリンジで少しずつ口に含ませていました。腎臓腫瘍!慢性腎不全!脳腫瘍疑い!心筋症を患ってる15歳の老猫です。1箱となると高いし!うちの子に合うかどうかもわからなかったのでバラ売りを探してこちらにたどり着きました。嫌々ながら何とか飲んでくれる量で過ごしてますが…はやく当たりが出て欲しい。期待を込めて星4つ。当面黄身とこれでやっていきます。少しなめてみると、ミルクみたいでした。が、入院中のむくみから胸水がたまるようになり、輸液を点滴できなくなり、どんどんやせ細り食欲もなくなり1か月で1kg減になりました。14才・アビシニアン・去勢済み・体重3キロ。自宅輸液がどうしてもできず!通院しているので!少しでも水分を飲んでもらいたいことから!猫缶を水増ししてあげている中に本品を混ぜるようにしました。なんとか食べさせようと購入しました。ですが、かりかりで足りない分を補ってくれており、おかげで体重も下げ止まり、少し増えてくれました。皆さんのレビューでダイエットチューブキドナを知り早速注文。規定量にはなかなか達していないと思うのですが!何とか元気にまだあちこち日向ぼっこに出歩いています。猫用ミルクは飲むのですが!下痢になってしまうこともあり!なにより栄養が足りず日に日に痩せて行きます。次回は試してみたいと思います。全く自分で食べなくなり、なんとか栄養価の高いものをと色々調べている時に、キドナを知りました。匂いは甘く!色は少し黄色みがかった感じ。食べない猫を見守るしかないのは切ないです。なんとかしたいと思って!利用したのが本品です。腎不全でしばらく食べられない間にガリガリになってしまった14歳のオス猫に少しでも太ってほしくてカロリーの高いキドナを試してみることにしました。リーナルケアとキドナ両方試してみました。その時は一日の食事はキドナ半袋。シリンジでウェット系を口に入れようものならかなりの嫌がりがあるのですが、少し水分を多めしミルクっぽくすると、嫌がりはありますが飲んでくれます。老猫用に。かなり苦味がありますが猫は人間とは味覚が違うらしく!さほど嫌がりません(その子の好みによる)。こちらの方が甘くて!キドナは凄く苦いのに…何故?日に日に食事量の減って来る腎不全の愛猫にはかなり助かっています。現在は口内炎の状態が悪く入院させていますが!帰ってきて流動食を始められるようになったらこれをまた飲んでもらうつもりでいます。幸い、胃腸には合ったようで吐き戻しはありませんでした。市販の猫缶とにゃんにゃんカロリー→総合食シニアフード→シニアフードに少しずつ療養食を混ぜる→療養食切り替え成功。急性から慢性に移行した猫に使っています。購入後の最初の2週間はまだ大好きなヨーグルトを食べれる元気はあったものの!他の食事はおやつか子猫用の嗜好性の高いものしか食べてくれませんでしたした。しつこくすると泡を吹いて飲み込まなくなります…一日の目標カロリーまでは到底与えられませんでした。シリンジであたえてみたら、薬はかならずあわをふいて吐き出すんですが、これは美味しいみたいでくちのまわりをペチャペチャなめてました。まったく食べなかった子が意欲が出てきたのか少量ですがドライフードを食べるようになり!一度だけのおしっこが3回になり!コロコロの小さなウンチがでるようになりました。食事はムラがあり食べないとさっぱり…なのですが、キドナを美味しいようで食べてくれます。それぞれの猫さんの状態にもよると思いますが、うちの仔に関しては、これ以上と思えるものが見つからない限りは、リピしたいと思います。多く入れると嫌がるので!ごく僅かを混ぜるところから始め少しずつ増やしました。慢性腎不全のFIVキャリアの子がゴハンを食べられなくなってしまい!輸液!インターフェロンなどの投薬を続けながら!獣医さんのところですすめられたロイカナのRenal Liquidと交互にシリンジで与えていました。獣医師にもう本当に残されている時間は少ないですよ!と言われた頃から猫用ポカリ以外自分から摂らなく。また比較的食欲があればウェットフードに振りかけても良さそうです。 入院前は1度の給餌につき小さじ1に対して小さじ2杯のお湯で溶いて飲んでもらってました。毎日の皮下点滴の効果もあってか!少しずつ口からカリカリを食べられるようになってきています。病中の猫の必要カロリーは300から350だそうで!そうするとこれを1日3袋!800円。うちの子は残念ながら亡くなってしまいましたが!カロリー面では大変助かるものだと思いますので!もっと早く知っていればと思いました。他も含めると何度めかのリピです。10月に慢性腎不全と診断された15歳のアビシニアン。飼い主がしてやれる一つの選択肢として強制給餌を考えておられるなら!試してみてもよいと思います。先行き不安ですが!1日にとりあえず一袋のませてがんばります。今回はキドナよりa/d缶の方がよく使いましたが、あわてて買うよりも、一度元気なうちにお試ししておくのもいいかもしれませんね。私も実際にちょっと味見してみましたが!結構苦かったです。以前飼っていた猫はチューブダイエットを注射器で強制摂取させて半年以上頑張ってくれましたが、命が長引くにつれ結果的に病気も悪化し、最終的には呼吸困難になり、一番つらい死に方をさせてしまったと悔やんでいます。やはり液状にして飲ませるのが良いかなと思います。書かれている方もいらっしゃいましたが!毛についたらすぐにふき取ってあげないとバリバリに固まってしまって大変困ります。なので今の現状はキドナを溶かして5mlのシリンジで2回くらいあげてます。少しでも食べさせたくて、ティースプーン2杯につき水1滴をボウルで混ぜて、喉に引っかからない程度の小さいお団子にして、直接食べさせていました。小さじ2杯強をお湯で溶かして1日3〜4回あげています。もっと早く始めればよかったなぁと思っています。(療養中の必要摂取カロリーには全然足りない量ですが、吐き戻し防止で少しづつ与えていました)味見をしてみたところ一瞬苦味を感じるものの豆乳のような甘味も感じられるミルクで、嫌がられることはありませんでした。どちらも好んでは飲まず嫌がりますが吐くことはなく!どちらといえばキドナのほうが嫌がらない感じです。